多中心型リンパ腫

4月末、北軽井沢の旅行から戻ってきて、レモンは急にご飯を食べなくなりました。

001闘病_8959.JPG

あの食いしん坊のレモンがご飯を食べないなんて絶対におかしい!
すぐに病院へ連れて行きました。

002闘病P5160006.JPG

先生が、すぐに首元のしこりを発見、
「組織検査しないと断定できませんが、おそらく悪性リンパ腫でしょう」と言われました。
信じたくはありませんでした。

003闘病P5060006.JPG

1週間後、検査結果がでました。
レモンは多中心型リンパ腫で、大細胞性T細胞性という、治療の難しいタイプでした。
抗がん剤を使った積極的な治療だと余命は半年から数年、ステロイドを使った緩和的治療だと余命は数ヶ月、どちらを選択されますか?と聞かれました。

004闘病P5060011.JPG

私は、迷うことなく積極的治療を選択しました。
あと数ヶ月でレモンがいなくなてしまうなんて、とても耐えられません。
レモンには、まだまだ生きていて欲しいと思いました。

005闘病P5070023.JPG

5月頭から抗がん剤治療をはじめました。
3種類の抗がん剤を週一で投与し、これを4週間続ける「多剤併用」という今、主流の治療法でした。
朝、レモンを病院に預け、静脈点滴で抗がん剤を投与して、夕方に迎えに行きました。

006闘病P5070031.JPG

抗がん剤を投与して、2日目の夜から副作用が出てきました。
下痢が続き、食欲もなくなり、ぐったりした日々が3日ぐらいつづきました。
副作用のことは聞いていましたが、これほど酷いものだとは、覚悟が足りなかった事を痛感しました。
レモンに辛い思いをさせていることが、本当に申し訳なかったです。

007闘病P5090001.JPG

レモンの病気のことを知ったお友達から、お手紙や御札が届きました。

008闘病PA120045.JPG

全国の有名な神社のお守りも、たくさんいただきました。
レモンのために、足を運んでくださって、とてもありがたいです。

009闘病P5110018.JPG

食欲の落ちたレモンのために、元気の出るフードやおやつ類を送ってくださる方もいらっしゃいました。

010闘病P5060014.JPG

レモンのために、手作り食を届けてくれたお友達もいらっしゃいました。
皆さんに、こんなに思ってもらって、本当に嬉しかったです。
感謝の気持ちで一杯です。

パパレモンより

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

驚いた
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント